治験審査委員会

治験とは

わが国で使用されている「くすり」は、すべて厚生労働省からその使用について承認を受けています。この承認を受けるためには、「くすりの候補」が『安全に使えるか。』『効き目に効果があるか。』『現在標準的に使用されている「くすり」よりも優れているか。』などについて調べ、試験の結果を厚生労働省に提出し審査を受けなければなりません。

これらの試験のなかで人に対して行われる試験のことを「治験」と言います。

「治験」は、厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準」(GCP)に従って厳格に行われています。「治験」を行うにあたっては、医師などの専門家で構成する「治験審査委員会」で、治験の倫理性、安全性、医学的妥当性について審査し、承認を得なければなりません。

当院では現在いくつかの「治験」を実施していますが、これらの条件をすべて満たした上でおこなっています。

当院では治験審査委員会を設置し、医学、薬学などの専門家および専門家以外のかたや、当院と利害関係のないかたにも委員となっていただき、医学的な立場および患者さんの立場になって、当院で実施される治験、自主臨床試験および未承認薬などの臨床使用の実施について問題がないかどうかを審査しています。

治験審査委員会について

   ただいま準備中です