眼科

診療担当表はこちら

診療内容

眼科疾患全般の診療を行なっています。主に白内障、糖尿病性網膜症、緑内障などです。

白内障手術では、通常の単焦点眼内レンズはもちろんのこと、乱視の強い方にはトーリック眼内レンズ(乱視矯正用)や、保険診療の範囲内で使用可能な低加入度数分節型眼内レンズ(遠方だけでなく、中間距離も見やすい)を積極的に扱っております。また、選定医療(多焦点眼内レンズ代の増額分は自己負担)となりますが、希望者には多焦点眼内レンズ(2焦点、3焦点、それぞれのトーリック)を使用しております。白内障手術については、日帰り入院での手術も行っておりますので医師に相談してください。

網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜前膜、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対して、硝子体手術を積極的に行っております。また、緑内障に関しては、点眼治療のみでは眼圧コントロールが悪い症例や視野進行の早い症例に対して、各種緑内障手術を行っております。

第1火曜日はコンタクトレンズ外来を行っております。

担当医師

眼科部長:鵜木 則之(うのき のりゆき)
卒業年 京都大学 平成13年卒
専門 糖尿病網膜症、緑内障
所属学会等 日本眼科学会専門医、日本眼科医会、日本網膜硝子体学会
森本 孝子(もりもと たかこ)
卒業年 関西医科大学 平成27年卒
専門 眼科疾患
所属学会等 日本眼科医会